製品紹介 Mech-DLK

Mech-DLK ディープラーニング 学習用ソフトウェア

Mech-DLK
ディープラーニング学習用ソフトウェア

自社開発したディープラーニングソフトウェアです。グラフィカルなインターフェイスと強力なディープラーニングアルゴリズムの内蔵により、簡単操作でバラ積みワークの認識や、高難度の欠陥検査など、複雑な問題を解決します。

  • 様々なアルゴリズムをサポート

    様々なアルゴリズムをサポート

  • 高度に集中した機能

    先進的なアルゴリズム

  • 強力なデータセキュリティ

    強力なデータセキュリティ

  • 操作が簡単で使いやすい

    簡単操作

  • 少ないデータ量で完結

    少ないデータ量で完結

  • 簡単・効率的な操作

    迅速な位置決め

    対象領域内の対象物を検出し、指定の方向に画像を回転

  • 検証モデルの可視化

    欠陥セグメンテーション

    微細な欠陥 / 複雑な背景 / 位置が固定されていない部品など、様々な欠陥を検出

  • 効率的な学習

    画像分類

    ワークの表裏 / 方向 / 欠陥種類を認識し、対象物の欠陥、配列具合を判別

  • 複数のソフトウェア展開

    物体検出

    すべての対象物の位置を検出すると同時にそのカテゴリーを判断

  • 複数の実装オプション

    インスタンスセグメンテーション

    バラ積みされた中から対象物を識別し、対象物の輪郭の精確な抽出とカテゴリーの指定が可能

Mech-DLKの特徴

  • 簡単・効率的な操作

    簡単・効率的な操作

    グラフィカルなインターフェイスにより、専門的なスキル不要で幅広いディープラーニングのアプリケーションを実現

  • 検証モデルの可視化

    検証モデルの可視化

    モデル検証や検証結果の表示、アノテーション結果の比較が可能。画像処理結果の検証効率を大幅に向上

  • 効率的な学習

    ディープラーニングプロセスの統合

    モデル毎にトレーニングを行う必要があったものを1つに統合し、最終的に1つの学習モデルを出力

  • 複数のソフトウェア展開

    複数のソフトウェア展開

    機能をモジュール化したライセンス方式を採用し、コスト削減を実現

  • 複数の実装オプション

    複数の実装オプション

    C,C++およびC#の異なる言語であるSDKを提供し、画像処理ソフトウェアMech-Visionを使用した実装をサポート